国民民主党「働き方改革」「IR整備法」国会論戦の報告会

〜法案の取り組み、附帯決議の内容、改正法の内容と施行期日等を説明〜

2018.7.31
 2018年7月31日(火)17時、党本部会議室において、第196回通常国会の重要法案であった「働き方改革関連法」「IR整備法」(カジノ法案)をめぐる国民民主党の国会論戦、特に参議院での取り組みについて、連合加盟産別や友諠団体、地方連合会等の関係者の皆さまを対象にマスコミフルオープンで報告会を開きました。

 大塚耕平・共同代表挨拶、舟山康江・党国会対策委員長の報告に続き、参議院厚生労働委員会野党筆頭理事として、働き方関連法案の国民民主党の取り組み、附帯決議で求めたもの、改正法の内容と施行期日、第189回〜第196回国会の約3年半における参議院厚生労働委員会の附帯決議の状況、附帯決議の位置づけと意味合い等について述べ、働き方関連法案に対する国民民主党の取り組みについてご理解をいただきました。

 なお、IR整備法については、矢田わか子・参議院内閣委員会野党筆頭理事から説明がされました。

 閉会挨拶で、玉木雄一郎・共同代表から「附帯決議を勝ち取ることも野党の責任。権力の横暴は許さない!この思いを持って法案や附帯決議に挑んでいく」と力強く語られました。
写真
このページのTOPへ