第196回国会は「働き方改革」関連法案審議がメインになります。改革は「安全に健康で働き、労働災害を発生させない環境づくり」でなければなりません。その視点に立って、電力総連の各部会及び業種別連絡会、連合加盟の産別等の皆さまと意見交換を行い、働く現場の実態と意見・要望を把握しています。

意見交換 【原子力ユニオン】

  
月 日     平成30年1月31日(水)
場 所     参議員議員会館会議室

原子力ユニオンから働き方改革及び社会保障政策について要望書をいただき意見交換。

・原子力の技術継承と人材の長期的な育成・確保が必要不可欠。
 国の取り組みを確認したい

・基礎・応用研究業務では、専門的、科学的な知識、技術を有する者が従事している。
 有力誌への論文投稿もあり、時間外労働の防止等を個人の意識、力量に依存せず
 に歯止めがかかる仕組みが必要である

・意欲と能力のある人材に対する副業や起業の支援に関するガイドラインや規則の
 整備が必要である

・一定規模以上の大型プロジェクトについては、複数年度を通じた労働時間管理が
 行える柔軟性の確保が必要であり、その間の休息については勤務間インターバル
 制度の導入を義務化することで、ワーク・ライフ・バランスを維持管理することが
 必要である

・女性職員の働きやすい環境づくりのため、更衣室やトイレ等一定の労働環境整備
 の義務化が必要である

写真
このページのTOPへ