第196回国会は「働き方改革」関連法案審議がメインになります。改革は「安全に健康で働き、労働災害を発生させない環境づくり」でなければなりません。その視点に立って、電力総連の各部会及び業種別連絡会、連合加盟の産別等の皆さまと意見交換を行い、働く現場の実態と意見・要望を把握しています。

意見交換 【電力総連 検集部会】

  
月 日     平成30年1月29日(月)
場 所     電力総連会議室

・スマートメーターへの切り替えにより検針業務がなくなっていく。電力グループ内で働ける仕事の紹介等をして欲しい。政府の「柔軟な働き方」の中で示されている副業・兼業の推進を進めて欲しい。

・若い時に介護に従事した場合、ポイントとして貯め、自身が介護を受けるときに使えるようにしたらどうか

また、同一労働同一賃金等について意見を交わしました。

写真
このページのTOPへ