挨拶 【政策研究フォーラム2018年全国会議】

  
月 日     平成30年2月22日(木)
場 所     大田区産業プラザPiO(東京都大田区)

  政策研究フォーラム2018年全国会議が「混乱する世界と日本の進むべき道」のテーマで開催され、来賓として招かれました。

 挨拶では冒頭、政策研究フォーラム国会議員連絡会・木義明会長が議員をご勇退され、後任の会長に就任したことを報告し、「世の中が技術革新で大きく変わってきている。人口減少と相まって、何を大切に、どの様な社会を目指すのかが問われている。政策研究フォーラムの政策提言に期待したい」。また、民進党改革について、「民進党は国民生活を第一とする中道政党を目指す。現在、中道の幅、新党立上げの時期等を検討している。来年は連合30周年。連合が一体となって戦えるような環境を整え、二大政党政治の一翼を担える政党を目指したい」と述べ、谷藤悦史理事長はじめ300名を超える皆さんから力強い激励をいただきました。

 来賓として政策研究フォーラム労組連絡会議長の岸本薫・電力総連会長が挨拶。電力総連から50名が参加されていました。

写真 写真
このページのTOPへ