第196回国会は「働き方改革」関連法案審議がメインになります。改革は「安全に健康で働き、労働災害を発生させない環境づくり」でなければなりません。その視点に立って、電力総連の各部会及び業種別連絡会、連合加盟の産別等の皆さまと意見交換を行い、働く現場の実態と意見・要望を把握しています。

意見交換 【JEC連合(日本化学エネルギー産業労働組合連合会)】

  
月 日     平成30年2月8日(木)
場 所     JEC連合会議室

・働き方改革関連法案の審議に当たっては、民進・希望・立憲の3党が連携し対応して
 欲しい。また、総労働時間の短縮と増加、健康が懸念される法案が一括提案される
 と聞いているが分離して審議すべき

・安全で健康に働けることが一番。裁量労働者や管理職等を含め、すべての働く者の
 労働時間を管理できるシステムを構築する必要である

・勤務間インターバル規制の目的は疲労を蓄積させないこと。努力義務になっている
 が社会全体で「必要な休息時間を確保する」ことの醸成を図って欲しい

・政府は副業、兼業の推進を掲げているが、企業への帰属意識や労働時間の管理、
 移動時における労災補償の責任等の課題がある。慎重に判断すべき

・育児や介護等で退職した者への「カムバック制度」を社会全体に広げて欲しい

・人口減少時代を迎え、技術者や職人の人材確保・育成の国の取り組みを願う

・薬価改定は、わが国の製薬企業が衰退しないような改定にすべき

写真
このページのTOPへ