産別へ国政報告。「働き方改革・附帯決議労政審検討状況」
「外国人材受け入れ・国民民主党の対応及び附帯決議」

〜支援産別から外国人材受け入れ拡大に対する意見・要望をいただく〜

2018.12.21
 2018年12月18日(火)〜21日(金)、日ごろご支援と連携をいただいている産別を訪問し、国会で議決する附帯決議は政府が誠実に履行する責任があること、働き方改革関連法の附帯決議のうち労働政策審議会での扱い及び検討状況、出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(外国人材受け入れ拡大)に対する国民民主党の対応及び附帯決議について報告をしました。

 産別の皆さまから外国人材受け入れについて、社会保障及び健康保険の適用をどうするのか、受け入れ人数を明確にすべき、外国人労働者に日本の労働法制を取得させること、安全教育を徹底し労働災害を防止する、発電所構内における安全作業の確保等の意見・要望が寄せられました。今後の活動に活かしてまいります。

 訪問日と産別は、
(12/18・火)紙パ連合、JEC連合、フード連合、
(12/19・水)JR連合、
(12/21・金)原子力ユニオン、昭和電工ユニオン、印刷労連、電力総連・業種別連絡会、電保部会、検集部会、電工部会、電力部会。
なお、他の産別は年明けに訪問させていただきます。
写真
写真
写真
このページのTOPへ