第197回臨時国会閉会。災害対応の補正予算が成立

〜国会見学は平日可能です。事務所一同お待ちしています〜

2018.12.10
 第197回臨時国会(10/24〜12/10の48日間)が閉会しました。今国会も多くの皆さまに国会見学にお越しいただき、懇談等をさせていただきました。ありがとうございました。

 今臨時国会では、大規模な自然災害が多く発生したことを受け、災害対応の補正予算を成立させました。また、来年の統一地方選挙期日「都道府県と政令市の首長、議員選挙」を4月7日(日)、「市区町村の首長、議員選挙」を4月21日(火)と決めました。その他、外国人材受け入れ拡大を図る「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案」、水道施設を自治体が所有権などを保持したまま運営権を企業に売却できる「水道法の一部を改正する法律案」を審議。十分な審議時間が確保されない中で審議が打ち切られ、与党の賛成多数で可決成立となりました。

 党務では、総務会長として会期中に毎週総務会を開催し、代表挨拶及び幹事長、国対委員長報告を受け、法案の賛否、各種選挙の公認予定者等を決定。また、重要事項について国民民主党の意思統一を図りました。なお、閉会中は隔週に開催する予定です。

 閉会中は国政報告や現場視察を中心に活動を進めます。年末は気ぜわしい時季です。体調管理を行い安全最優先で作業に当たって下さい。
写真
このページのTOPへ