講 演 【千葉文化経済フォーラム・天野ゆきお後援会時局講演会】

  
月 日     2018年12月1日(土)
場 所     京成ホテル(千葉市)

 天野ゆきお・千葉県議会議員(千葉市稲毛区選出)から県政報告として「千葉県議会の現状と千葉県の課題」が述べられ、その後「国民民主党の役割及び国政の情勢について」講演を行いました。

 冒頭に、天野議員が「千葉県資源エネルギー問題懇話会」(超党派で構成)の事務局長として、国内外のエネルギー事情等の共有化を図り、党派関係なく県議や市議会議員から信頼いただき、日々の活動に取り組んでいることに敬意を表し、電力総連組織内議員の先輩として、参加された皆さまに天野議員へのご支援に感謝を申し上げました。

 講演では、国民民主党の結党経過や基本的政策を報告し、国と国民生活に責任を持つ改革中道政党として、生活者や働く人の声を大事にし、正直な政治、偏らない政治、現実的な政治を行い、二大政党政治の一翼を担う政党を目指すことを述べました。国政の動向については、外国人材の受け入れ拡大を図る政府の「出入国管理及び難民認定法改正法案」に対し、国民民主党は11/29(木)対案として「再検討要求法案」を提出したこと。地元の海で働いてきた漁業生産者に優先的に付与してきた漁業権の優先順位を廃止する「漁業法改正法案」の対応。統一地方選挙の施行日を決める「臨時特例法」の動向等について報告しました。また、統一地方選及び参議院選の党の取り組みについて述べ、党勢拡大、選挙必勝への協力を訴えました。

 出席者の皆さまと天野ゆきお県議の益々の活躍を願い「天野さん頑張れ!」とエールを送りました。

写真
写真
このページのTOPへ