講演 【北陸電力総連「政治研修会」】

  
月 日     平成30年8月29日(水)
場 所     ホテル日航金沢(石川県金沢市)

 日ごろのご支援と国民民主党の党員・サポーター登録に感謝を申し上げ、国民民主党の結党経過や、浜野喜史・参議院議員の活躍ぶりと来夏の参議院議員選挙について述べ、働き方改革による時間外労働の上限規制の法制化、電気保安要員の現状と課題、スマートメーター導入計画、送配電分離に伴う省令改正の動き等、電力総連各部会及び業種別連絡会の課題の取り組みについて報告。

 特に、2020年4月の送配電分離に伴う省令改正については、「萩原亮一・電力総連産業政策局部長に陪席をいただき、電力・ガス取引監視等委員会と意見交換を行ってきた。間もなくパブリックコメントの段階に入ると承知している」と述べ、「これからも『職場の声が国を動かす』の信念で国政に当たっていく。職場の意見・要望を聞かせていただきたい」と願いました。

 研修会には吉田昌樹・北陸電力総連会長、山本優・南越前町議会議員、尾上一彦・富山市議会議員の組織内議員はじめ加盟組合役員、派遣役員等約110名が参加。全員で「労働災害防止!頑張ろう」と拳を上げました。その後の「小林正夫参議院議員と語る会」では近藤和也・衆議院議員(石川3区→比例北陸信越グロック)も出席をいただき、参加の皆さまと親交を深めました。

写真
写真
写真
このページのTOPへ