訪問録 【九電料金ユニオン平成29年度新分会長・新組合員活動教宣集会】

  
月 日     平成29年9月23日(土)
場 所     電気ビル共創館会議室(福岡市)
 日ごろのご支援に感謝を申し上げ、参議院3期目の活動や国政への取り組みについて述べ、検集部会の報告では、9/19(火)に経済産業省から報告を受けた九州電力におけるスマートメーター取付け810万台の年次展開について報告し、日々現場で作業に当たる皆さんに、交通事故を含めた労働災害防止を願いました。

 9/1(金)の民進党代表選挙で前原誠司氏の推薦人なった理由を述べ、代表が示した「目指すべき社会像」について理解を求めました。
 また9/28 (木)に召集される第194回臨時国会は、冒頭に衆議院が解散される可能性が極めて高いということから、総選挙での支援を願いました※。
併せて2年後の参院選について、「一定の勢力を持つ政党でなければ多くの当選者を生み出せない」と訴え協力を求めました。

 質疑では、送配電分離に伴う受委託について質問があり、電気・ガス取引監視等委員会が行っている政省令の検討状況を報告しました。

 藤川和美・本部執行委員長はじめ100名を超える参加の皆さんから力強い激励をいただき、「労働災害防止!頑張ろう」と拳を上げました。

※9/25(月)、安倍総理は28日(木)の衆議院解散を表明しました。
写真
写真
このページのTOPへ