訪問録 【電力総連第37回定時大会】

  
月 日     平成29年9月6日(水)〜7日(木)
場 所     広島国際会議場(広島市)
 日ごろのご支援と、自然災害における迅速な電力復旧に感謝を申し上げ、引き続き電力総連の各部会や業種別連会の課題について取り組んでいくことを述べました。

政界の動きについて、二大政党政治を目指すことと、参議院比例選挙で戦うには一定の大きさの政党を作ることが必要と訴え、理解を求めました。秋の臨時国会について「働き方改革が主要テーマになり、労働基準法改正の審議がメインになる。賛成できる内容と反対する内容が混在された法案が出てくることを懸念している。職場と連携を図り取り組んでいきたい」と協力を求めました。

 今大会で退任し職場復帰する今中崇博・総務財政局長と細田和彦・政治渉外局長に、今日までのご指導に感謝を申し上げました。また、退任する内田厚・会長代理にもお礼を申し上げ、「退任後も私の近いところで労働組合活動を続けて欲しい」と願い、岸本薫・会長には笑顔でうなずいていただきました!(^^)!

 大会参加者全員が平和を願い折った鶴を持ち寄り、千羽鶴にして大会二日目の朝、会長はじめ役員の皆さんが、平和記念公園に寄贈しました。

 来賓として民進党から前原誠司・代表、連合から神津里季生・会長が出席、挨拶をされました。前原代表のぶら下がり記者会見に立ち会いました。
写真 写真
写真 写真
写真
このページのTOPへ