兵庫民社協会総会。民社の理念・政策を市政、県政、国政に!

〜中間選挙、再来年4月の統一地方選と7月の参院選の勝利に向け頑張ろう〜

2017.11.25
 2017年11月25日(土)、兵庫民社協会・第24回定期総会が神戸市の兵庫勤労文化会館で開かれ、民社協会を代表して祝辞を述べました。

 祝辞では、向山好一・会長の下、250名を超える会員が集う兵庫民社が、地方協会の中心的役割を果たしていただいていることに感謝を申し上げ、特別国会の動向、民社協会が目指す政治スタンス、政策研究フォーラムやKAKKIN会議等の友好団体との一層の連携強化の必要性について述べました。

 また、10/22の総選挙前後の民進党の動きと党が抱える課題を報告し、「民社の理念・政策を市政や県政、国政に反映するため、中間選挙、1年5ヶ月後の統一地方選挙、1年8ヶ月後の参議院議員選挙の勝利に向け頑張ろう!」と訴え、渡辺せいじ・加古川市議会議員はじめ80名を超える皆さまから温かい激励をいただきました。

 参加者交流会では、県議、市議、議員OB等の皆さんと親交を深め、民進党や地方組織の在り方等について意見・要望をいただきました。

【報告】
木義明・民社協会会長は10月の衆議院選挙に立候補せずご勇退されましたが、本日(10/27・月)25年永年肖像画の掲額式が、衆院分館18委員会室で行われました。
写真 写真
写真
このページのTOPへ