民進党・大塚代表の下での初めての常任幹事会

〜党の戦略・組織・運営に関する改革本部検討会のメンバーを確認〜

2017.11.14
 2017年11月14日(火)16時、大塚耕平代表の下での初めての常任幹事会(民進党第51回常任幹事会)が開かれ役員人事を確認。常任幹事会構成員は、常任顧問、代表、副代表、幹事長、国対委員長、選対委員長、組織委員長、政調会長、参議院3役等14名(その他陪席あり)としました。

 承認及び協議では、「党の戦略・組織・運営に関する改革本部検討会」のメンバーや福島復興・原発事故対策本部の設置。当面の政策手続きについては、「次の内閣」は設置せず、党の政策は政務調整会議の議を経て党議とし、法案・政策審議党は4つの部会に分け議論する。党の運営方針等に関する動きを伝えるための情報発信を考える。等について確認しました。
 総支部の当面の扱いについては、急ぐべき課題として引き続き常任幹事会で協議していきます。
写真
このページのTOPへ