電保部会から「電気主任技術者人材確保」検討報告を受ける

〜実務経験年数の短縮を含め電気保安の品質維持・向上等について意見交換〜

2017.3.17
 2017年3月17日(金)参議院会館において、電力総連電保部会から「電気主任技術者の人材確保に向けた取り組みについて」の検討状況について、齋藤益巳・部会長から報告書をいただき、出席された12名の皆さんと意見交換をしました。

その中で今後の進め方として

・ 電気保安協会全国連絡会や各電気保安協会と方向性や今後の進め方について考えを合わせる

・ 電気保安産業の発展に向けた人材の確保と定着、経営基盤の安定・強化へ、更なる実務経験年数の短縮だけではなく、電気主任技術者の各制度の緩和・見直しや保安業務の高度化等の諸施策についても、進捗状況の確認を経営側と行う

・ そのうえで、今後も人材の確保を含め、新たな政策課題が発生した場合は、組織内議員や電力総連と連携を図り、産業の発展に向けた活動に取り組む

ことが述べられました。引き続き電力総連及び電保部会と連携を図り、諸課題に取り組んでまいります。

(出席された電保部会役員)
齋藤益巳・部会長(中部・執行委員長)、千明暁・部会長代理(関東・執行委員長)
安田成三・部会長代理(関西・執行委員長)、濱村尚博・副部会長(北海道・執行委員長)
土田邦彦・副部会長(東北・執行委員長)、山谷健太・副部会長(北陸・執行委員長)
吉田隆志・副部会長(中国・執行委員長)、宮崎敦史・副部会長(四国・執行委員長)
川野哲也・副部会長(九州・執行委員長)、新垣智章・副部会長(沖縄・執行委員長)
山口正人・中部電気保安協会副委員長(中部)
加藤紀彦・電力総連労働政策局部長(関東)
写真
このページのTOPへ