経産委員会。世耕経産大臣から所信を聴取

〜安全性が確認された原発は地元の理解を得ながら再稼働を目指す〜

2017.3.7
 2017年3月7日(火)経済産業委員会を開催し、第193回国会における所信を世耕弘成・経済産業大臣及び原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当の松本純・内閣府特命大臣から聴取しました。併せて、公正取引委員会の業務の概略について、杉本和行・公正取引委員会委員長から説明を聴取しました。
 世耕大臣の所信表明では、自由貿易体制の維持、経済及び雇用の成長の機会の拡大、ロシアとの経済協力、人口知能やロボット開発、ベンチャー企業の育成、バランスの取れたエネルギーミックスの実現、安全性が確認された原発の再稼働等に取り組んでいくことが述べられました。
 なお、質疑は3月9日(木)経済産業委員会を開催し、各党の議員が質問を行います。
写真
このページのTOPへ