東京民社協会&友好労組合同研修会
一層の連携強化を図り親交を深める!

〜講演:「いま、原点回帰の秋」落合清四・富士社会教育センター理事長〜

2017.8.27
 2017年8月27日(日)〜28日(月)、山梨県石和温泉の旅館・糸柳で、恒例となった東京民社協会&友好労組合同研修会を開催。一層の連携強化を図り、親交を深めました。

会長挨拶では、日ごろのご支援の感謝と都議選対応のお礼を申し上げ、9/1(金)の民進党代表選挙で民社協会が「前原誠司」氏の支援を決めた理由を述べ、理解をいただきました。秋の臨時国会について「働き方改革・労働基準法改正案が審議される見込み。労組の皆さんと連携して対応していきたい」と協力を求めました。10月22日・日曜日に行われる衆議院補欠選挙について、愛媛3区:白石洋一氏、青森4区:山内崇氏、新潟5区:(候補者未定)の支援を訴えました。

 研修会講師は、落合清四・(公財)富士社会教育センター理事長。「いま、原点回帰の秋」のテーマで、虚構の戦後民主主義、日本再生の視点等について講演をいただき、生活満足度の世論動向や、外交・貿易・エネルギー等国家の基本政策等について質疑が交わされました。
講演後、川上晴司・三多摩友好労組連絡会会長はじめ30名を超える参加の皆さんと「東京民社協会と友好労組の更なる連携で諸課題に取り組もう!」と拳を上げました。

参加者交流会には、中田一秀・山梨県電力総連会長から激励メッセージが届き、落合理事長はじめ松原仁・衆議院議員も参加され、和やかな雰囲気の中、親交を深めました。
写真 写真
写真 写真
このページのTOPへ