電工部会代表者会議。「電工産業政策」実現への要望を受ける

〜「安全はすべてに優先する」、労働災害の撲滅を訴える〜

日時 2013.10.10
2013年10月10日(木)、参議院議員会館において、全国電力総連・電工部会の代表者会議が開催され、「電工産業政策」実現への要望書をお受けました。
 要望書は、副部会長の北海電工労働組合、ユアテックユニオン、関電工労働組合、北陸電工労働組合、トーエネック労働組合、シーテック労働組合、きんでん労働組合、中電工労組、四電工労組、九電工労組の執行委員長同席の下、小田部清昭部会長(全国電力総連会長代理)から提出されました。
写真 写真
要望書は、労働集約型企業としての人材確保・育成と技術・技能の継承、社会的にも長すぎる年間総実労働時間の短縮、国民生活に直結した社会インフラの構築に携わる電工労働者の社会的地位の向上など、電工産業の抱える現状認識が提起され、諸課題の改善に向けた具体的取り組みが示されています。
 今後、全国電力総連と国レベルで扱う対策を整理し、課題解決に向けた取り組みを進めて参ります。
写真
このページのTOPへ